Bloglinesのススメ

流行らせようと必死。

Bloglinesはいわゆるアンテナのように動作してくれる、RSSストックサービスです。こういう言い方が正しいのかはわかりませんけれど。動作的には、アカウントを作成して、ログインし、チェックしたいRSSファイルのURLを登録するのがユーザーのやることで、あとはBloglines側で勝手に定期的にRSSファイルの新着記事を拾ってきてくれます。動作画面は、僕のアカウントを公開してますので、それをつらつらと眺めてみれば閲覧に関しては把握できるんじゃないかと。以下、ざっと説明。

  • フォルダをクリックすると、それ以下に登録されているRSSファイルの*その日*の記事を表示
  • RSSファイルの記事表示ペインの一番下にあるセレクトボックスで表示する時間範囲を調節

公開の状態だと、これだけしか操作できません。ログインして自分のMy Blogsページで閲覧する場合は、

  • フォルダのクリックは未読記事の表示
  • 左ペインのフォルダ名・RSSファイル名の右に未読記事数の表示
  • 未読記事を全て既読にする機能
  • 各記事をメールで送信する機能
  • 各記事をBookmarkできる機能

などに変更・追加されます。

RSSファイルの登録は、My Blogsの左ペインのSubscribeから行います。RSSファイルのURLを直接登録してやってももちろん良いのですが、RSS Auto Dicovery対応なので、

<link rel="alternative" type="application/rss+xml" title="RSS" href="path/to/rssfile.rss" />

などというlink要素が埋め込まれているウェブページの場合は、そのウェブページのトップページを登録してやれば、RSSファイルのURLを勝手に取得してくれます。また、RSSファイルのインポート・エクスポートのフォーマットとして、ほぼ標準の地位を獲得したと思われるOPMLファイルにも対応しています。

登録したRSSファイルの整理は結構柔軟に出来ます。My Blogsの左ペインのManage Subscriptionsから整理モードに移行して、整理するのですが、ちょっと癖がありますね。

  • フォルダの作成は右ペインの下にあるNew Folderから作成
  • RSSファイルの移動は、チェックして左ペインのCheck ItemsをMoveにしてSubmitし、右ペインにClick on Subscription or Folder to Move Toと出たら、左ペインから移動先のフォルダをクリックして移動
  • フォルダをネストできない

あたりが注意点でしょうか。

ま、クライアントサイドで動くRSS Aggregatorと比較すると機能は少ないとは思いますが、コアな機能はほとんどある(Shift_JISやEUC-JPのRSSファイルも読めますし)と思うので、扱いやすいんではないかと思います。それに、OPMLに対応しているので、クライアント・サイドで動作するRSS Aggregator間での登録RSSファイルの同期なんかにも利用できると思います。

ついでにSubscribe with Bloglinesという機能を使って、自分のMy BlogsへダイレクトにここのRSSファイルを登録するバナーをつけてみました。右のSyndicationの以下にある画像、

Subscribe with Bloglines

をクリックすると、登録されます。

追記@2004/07/07

現在は大きくインターフェイスが変わり、この記事の内容はあまり役に立たなくなってしまいました。

追記@2004/11/19

リニューアル後のインターフェイスに即した簡単な解説エントリを、続・Bloglinesのススメとして公開しました。