Pure JavaScript Wiki Like Formatter

HTMLマークアップ秀丸マクロ for blosxomをベースにして、WikiライクなフォーマッターをPure JavaScriptで作成してみる。Wikiっぽくtextareaにサクサク文章を書き、ボタンを押すとマークアップしてくれるというような感じ。わからねーよ。頭の体操にはなりました。

実際にPure JavaScript Wiki Like Formatterを動かしてみるとわかるかも・・・・しれない。

Pure JavaScriptなので、wikieditishのflavourにコアのJavaScriptファイルをincludeして、ボタンを付け加えたりすれば使えます。感覚的には、「ひよこなのかあれは?」なAAを挿入するボタンをつけるような感じ。なので、Movable Typeのエントリ編集画面とかにもこの機能を追加することが出来る・・・はずです。

てか、任意のウェブ・ページのtextareaにフォーカスを置いて、Bookmarkletとかも出来るかも。実用性はこっちの方が高そう。

Mozillaでうごかねぇ(w。split()の使い方がおかしいっぽい。

追記

Internet ExplorerのMenuExtから呼ぶのは簡単でした。

<html>
  <script type="text/javascript" src="http://labs.hail2u.net/pjswlf/pjswlf.js"></script>
  <script type="text/javascript" defer>
  <!--
    var pWin = external.menuArguments;
    doMarkup(pWin.event.srcElement);
  //-->
  </script>
</html>

というファイルを作ってやって、IEMenuExtで、

IEMenuExtでの設定方法

というように設定すると、textareaで右クリックすると、

textareaなどでの右クリックメニュー

こんなメニューが出てくるようになります。ここでは「00 Pure JavaScript Wiki Like Formatter」と名前を付けたメニューを選択すると、textarea内のテキストをマークアップしてくれます。ありとあらゆるウェブ・ページのtextareaで利用できる・・・はず。