Hail2u

ウェブログと検索フォーム

個人のウェブログ程度のものに検索フォームが必要か、という疑問は常にある。そのためたまに消す。Googleにインデックスされていればそれで充分という論理に反駁の余地はまずない。

ウェブサイト内検索がそう簡単にはできないというのならまだしも、Googleなどではsite:演算子やinurl:演算子を使えば容易にできる。なんなら対象のウェブサイト名をキーワードに追加するだけでも十分だろう。

ずっとユーザーを縛り付けたい、つまりウェブページ上にあるコンテンツや広告のインプレッションに収益を強く依存しているウェブサイトでのみ必要と言える。Google他で検索されると、PR広告やGoogleの提供する便利機能によりユーザーが戻ってきてくれる保証がなくなるからだ。自前で検索フォームを提供すれば、そういった不安は一部解消される。

そうでないウェブサイトにおいては、文字サイズ変更ウィジェットと同じくらい不要だ。ユーザーの自然な行動—文字サイズにおいてはズーム、検索においてはユーザーのデフォルト検索エンジンの利用—を阻害するからだ。


このウェブサイトはHTMLやCSS、JavaScriptの実験場でもある。そのためフォーム要素のような取り扱いに注意が必要なものは、様々な確認のためにちょくちょく利用する。ついこの間はページ内リンクとフォーカスが環境によってうまく動かないことがわかり、その解決もスッキリとはいかないことがわかった。

ということで置く意味がないどころか害悪かもしれないにも関わらず、このウェブサイトの各ページには検索フォームが存在する。