風通しが良く、意匠を凝らしていない

Sparse & Undesigned

Typewolfを運営してるJeremiah Shoafによる2013年に人気のあったWebフォントという記事を読んだ。7位に等幅フォントであるInconsolataがランクインしている。

Inconsolataの評でJeremiahは「デザイナーのポートフォリオで等幅フォントが使われているのをよく見る」と書いている。曰く、風通しが良い(sparse)ように感じられたり、意匠を凝らしていない(undesigned)ように見えるからだという。そのためデザイナーの作品がより映えるということか。漢字のない世界の話っぽいけど。