Hail2u.net

CSSWring v3.0.4

完全に重複したルールを削除する際に間違ったルールが削除されることがあるバグを修正してCSSWringのv3.0.4をリリースした。他に特に大きな変更はない。

PostCSSのcontainer.each*()はイテレート中にcontainerが保証されるが、イテレート関数へ引数として与えられるインデックスを使ってノードの追加や削除を行うと保証されるとは限らないようだ。node.removeSelf()を使うとうまくいったので、バグの修正ではそうすることでシンプルに対応した。

PostCSSではノードを削除する時に、その親からインデックスを使って削除した方が速い。そのため意図的にnode.removeSelf()を避けていたが、それが仇となった。


PostCSSの注目度がグッと上がってきたのでうれしい。もうちょっと頑張ろうっていう気になってきた。