CSSWring v1.2.4

CSSWringのv1.2.4をリリースした。マイナーな部分で空白削除や無駄な記述の削除がなされていなかったことを調節していた。これで圧縮機能についてはフリーズして、正規表現のバグを潰したり、正規表現をやめるのに精を出したい。

他、url()内にエスケープされた)がある場合などの正規表現の修正や、残すコメントが最初にあるにも関わらず@charsetが常に先頭へ来てしまうバグの修正、コメントや@charset@importのみのCSSがうまく扱えなかったバグの修正なども。


不正な名前を持つキーフレームの削除をやっていて思ったんだけど、こういったバリデーションに属することはCSSWringが持つべき機能じゃない気もしてきた。@charsetルールの重複の削除や@importルールの移動などは特にそうで、これらの場合はCSSWringにかける前と後でCSSの機能が変化してしまう(可能性がある)。

もうちょっと搭載する機能に明確な線引きをすることを考えた方が良さそう。