CSSWring v1.2.2

CSSWringのv1.2.2をリリースした。圧縮力については他のメジャーなツールにはだいたいのところは追いつけたんじゃないかと思う。このバージョンで圧縮力の比較ベンチマークを走らせた所、だいたい最下位は脱した感じだった。これ以上はセレクターのマージを行わないと勝てなそう。

v1.1.0からの強化点は以下の通り。

  • !importantを正しく圧縮
  • 数字の先頭の0を削除
  • 小数の最後の0を削除
  • 色を色キーワードとHEXの短い方へ変換
  • rgba(0, 0, 0, 0)transparentへ変換
  • url()内の引用符を可能なら削除
  • セレクター内の演算子の前後の空白文字を削除
  • 空になる@ルールのブロックを削除
  • @ルール直後の空白を可能なら削除
  • @importで使われているurl()を引用符へ変換
  • @mediaのクエリー内のカンマの前後の空白文字を削除
  • @namespaceのURLを圧縮

リポジトリのWikiにやっていることの一覧を書いていくことにした。けど手作業で書くのはメンテナンスが面倒そう&ミスもしそうなので、テストのCSSファイルにコメントで解説を埋め込んだりして、自動生成を目指すべきな感じ。逆のドキュメントからテストを生成の方が良いか。