子セレクタ

どうでもいいことなんですが、右のメニューはMozillaだとposition:fixed;なので、常に右に表示されます。Mozilla使え。嘘です。Internet Explorerは、

body > div.test { margin:1em; }

というような、child selector(子セレクタ)というセレクタの文法に対応していないので、position:absolute;でいったん設定した後、このセレクタを使ってposition:fixed;で上書きしてやると、Internet Explorerではposition:absolute;、Mozillaではposition:fixed;でレイアウトされます。この非対応のセレクタの書き方を使って処理を振り分けるというずるいやり方は、フォントの違い、widthの解釈の違いやフォーム部品のサイズの違いなど、それぞれのブラウザの実装に左右される違いを吸収するのに役に立ってくれます。覚えておくと得するかもしれません。