Chromeでbutton要素のアンチエイリアスが壊れる

意味がわからない……

Google Chrome 15.0.874.121 mでbutton要素へ特定のスタイルを組み合わせて適用すると、ボタンの文字列のアンチエイリアスが壊れます。無効とはちょっと違う感じなので壊れるとしておきました。ClearTypeが無効になって、標準アンチエイリアス(サブピクセルを使わないもの)になるだけかも。というわけでWindowsでの話です。

View Demo: Broken Button Antialiasing on Chrome

再現性のあるコードは以下のようにborder-radiustext-shadowプロパティーを組み合わせたものです。

.test {
  border-radius: 3px;
  text-shadow: 0 1px 0 rgba(255, 255, 255, 0.5);
}

button要素ではよく使う組み合わせだと思うので結構ハマりやすそう……な気がするんですけど、症例見つからないので最近発症したんでしょうかね?ちょっと前になんでかinput要素でアンチエイリアスが切れてしまう現象に遭遇したんですが、それもこれだったのかもしれないです。その時はうまく再現できなくて諦めてしまったんですが、今度はうまく再現出来ました(うれしくない)。

現時点でのCanaryでは直っているようなので「この組み合わせはNG!」などと覚える必要はないと思いますが、ハマった時にそういえば……と思い出せる程度には記憶しておくと良いかもしれませんね!