ワクチンの接種

今月の始めに接種券が来たので、すぐに予約し、今日受けてきた。市の集団接種会場の予約は世代で区切られており、該当する世代の予約が始まるまではかなりあったので、すぐに予約できる個別接種にした。個別接種なのでファイザーだ。家から歩いてすぐのところで接種でき、そういう点では良かった。家族の中で最後になり、世間的には順調な部類に入るだろう。

接種を受けた病院はオンラインで予約を受け付けていた。特に重くもなかったため、スッと予約できた。モダンな感じではなかったものの、使いにくいというほどでもなく、こんなものだろう。ログイン作業やキャンセルの仕組みを簡便にするためか、色々と問題がありそうな仕組みだったが、規模を考えると問題が表面化することはなさそうだ。

小さな病院で、屋外で待ち、受け付けしたらすぐに接種、待合室で経過観察、という方式だった。受け付けまでは外で待つので、雨が降っていたら大変だったかもしれない。予約時間の5分くらい前に行ったが、受け付けの後はスムーズに進むので、2回目はギリギリに行きたい。接種自体もトラブルはなく、15分の待機後、すぐに家に帰った。

接種後、4時間くらいすると、腕が全体的に張ってきた。その後は、全身がだるくなり、微熱も出てくる。この状態がずっと続いたが、計30時間くらいたつと落ち着いてきた。痛みと熱は特に強くなかったので、鎮痛剤なしで乗り越えられた。2回目の方がつらく長いようなので、家族が使った残りのタイレノールを節約できたが、厚生労働省やアメリカ疾病予防管理センターは非ステロイド系でも構わないとしていて、アセトアミノフェンにこだわることもないようだ。


とにかく、ワクチンの接種まで感染確認されないという目標は達成できた。2回目は予約済みだが、本当に受けられるのか不安ではあるものの、終わった後に遊びに行く予定でも立てて乗り越えていきたい。夏の盛りで盆の時期なので、横浜で買い物くらいでお茶を濁しそうな気もする。