依存の更新を⁠自⁠動⁠で

小さいプロジェクトだと依存パッケージのバージョンを固定する意味はあまりない。のでサクサク最新版に更新し、パッパッと修正していくのが知見がたまるという利点もある。といっても手作業でnpm updateは忘れがちなのでnpm versionの前に自動でやってみている。

$ npm outdated || npm update && git add package*.json && git commit --message="Update dependencies"

かなり前にnpm outdatedが終了コードを設定してくれるようになったので、このような形で効率的に更新可能だ。あとはこれをpreversionに設定するとうまくいく(ようだ)。