縦並びヘッダー(v9.14.9)

ヘッダーのナビゲーション項目が縦に並ぶようになった。前バージョンでラベルを長くしたので、横並びだと狭い画面で折り返され、うまくおさまらない。縦に積めば、この問題は発生しなくなる。またラベルの長さが不規則なので、右の余白にゆらぎが生まれ、きっちりしていない雰囲気がうまく出ている気分になった。もう一つくらいは項目を増やせそうなので、特集の項目を追加する予定だ。

次のバージョンでは色を戻す。薄いベージュは落ち着く。流行りの色になって、朱や緑と組み合わせることが多い印象だ。青との組み合わせはあまり見ない。僕は大地と川を彷彿させるよう、青を組み合わせていた。そのような記憶があるが、定かではない。こういう感情や雰囲気も、コミット・ログに残すべきなのかもしれない。

CSSでは、以前、使っていたような@supports (--custom-property: true) {}という呪文を、ふたたび使ってみている。top:0の方が短いが、謎の呪文になってしまうので、人と機械が理解できそうな呪文に変えた。呪文(古いブラウザーに呪いをかけるための言葉)であることは変わらない。

また、アイコンがぼやけていたのを直した。sharpパッケージの仕様が変わったのかと思ったが、間違えたコードをそのままにしていただけだった。densityパラメーターを計算しているところで、SVGファイルを2回読んでいるのをどうにかしようとして間違えたコードだった。SVGのファビコンに変え、同時期にデフォルトのOGP画像をやめてしまった関係で、ビットマップのアイコンを見る機会が減り、気づくことができなかった。