Garnetはドリーム・チーム辞退

さて、NBAも閉幕しまして(僕の中では)、気になるのはアテネでのドリーム・チームですが、Garnettは辞退みたいですね。現役のNBAのトップ・プレーヤーがオフを返上してまでオリンピックに出ることに、ほとんど意味が無いこともわからなくも無いですけどね。ファン的にはとても意味があることだとは思いますが。他にShaqやJason Kidd、Tracy McGrady、Vince Carterなども辞退の模様。というわけで、凄いけど華の無い(ヒドイ)Tim Duncanを中心にチームが組まれることでしょう。LeBron Jamesは出るみたい。彼が出るだけでも見る価値はあるかもとは思う。むしろこうなったらイキの良い若手だけでチーム作って欲しいなとか。

さて、Wolvesの今シーズン最終ゲームは、Cassel抜きで戦い逆転負けという結果に終わったわけですが、結果はどうあれなかなか良い試合だったと思いました。今シーズンはCasselを中心にしてゲームが組み立てられていたことを思えば、3Qまでリードしていたことだけでも凄い。悔しいですけどね・・・。特にチームのFTの確率が.923だったのはスバラシイ。Casselの代役のHasselはそれなりに頑張ったと思う。カンファレンス決勝まで進出できたことも含めて、収穫の多い一年だったので、きっと来年は今年以上の結果を残してくれるはず。Sprewellが今年と同等の活躍ができるとは思えないですけど。

てか、微妙にアメリカ人ってオリンピックに冷たい気がしないでもない。自国のプロ・スポーツの祭典(NBA FinalやWorld Series、Super Bowlなど)には、アレだけ盛り上がるのになぁ。まぁでも明らかにオリンピックなんぞよりも、アメリカのプロ・スポーツの方が面白いので気持ちはわからなくも無い。

関係ないけど、日本の野球代表メンバーには広島から誰が行くのだろう?出して恥ずかしくない選手って少ないんだよな。木村はちょっとどうかと・・・。いや、好きだし良い選手だと思いますがね。黒田と栗原が良いなぁ。