vim-css3-syntax v0.18.0

13年ぶりに更新が入ったCSSモジュール仕様があった。ちょっとテンション上がったので、そこまでを反映させてvim-css3-syntaxプラグインのv0.18.0をリリースした。

13年ぶりに更新が入ったのは、CSS Generated Contentモジュールで、いわゆる擬似要素関連を扱うCSSモジュール仕様だ。昨今は気軽に::before擬似要素を使うことが多いが、あまり真っ当な使い方は見かけない。仕様からどんなことに使えるのか、また使うことを想定しているのかを斟酌できるはずなので、一読の価値はある。

contentプロパティーが通常の要素でも使えるようになった。例えばキーワードnoneを指定することができる。

.foo {
  content: none;
}

こうすると要素の中身が空であるようにレンダリングされる(ようにできる(かもしれない(らしい)))。まだ実装はなさそうだ。またurl()などを使って画像を仕込むことも可能になっている(Image and url values can apply to all elements)ので、うまく組み合わせると画像置換の類がこのプロパティーだけでできるようになるのではないかと想像している。少し楽しみだ。


400スターまでもうちょっとだ。