OneDriveの(不完全な)アンインストール

OneDriveを特に使うこともなく一年近くになったので消すことにしたが、完全に消すことはできなかった。しかしホーム・ディレクトリーやエクスプローラーのサイドバーからは削除することができたので、まずまずといったところだ。きっとOSの更新時に復活したりするであろうので、記録しておく。

まずは常駐させてしまっているのなら終了させておく。

OneDriveSetup.exe

スタートメニューからOneDriveへアクセスできないようにするには、セットアップ・ファイルを使ってアンインストールらしきことを行う。コマンド・プロンプトを管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行する。

C:\Windows\SysWOW64>OneDriveSetup.exe /uninstall

コマンド・プロンプトを管理者権限で起動する時は、スタート・ボタン(まだこの呼び方でいいのかな?)を右クリックして出てくるメニューから行うと一番早いだろう。

サイドバーからのアイコンの削除

これだけではエクスプローラーのサイドバーにOneDriveのアイコンが残る。これを消すにはレジストリーを編集することになる。

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Classes\CLSID{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}

レジストリー・エディターで上記キーを開き、System.IsPinnedToNameSpaceTreeの値を0にする。エクスプローラーの再起動が必要になるかもしれない。

エクスプローラーの再起動はCtrlとShiftを押しながらタスクバーの何もないところを右クリックすると出てくるメニューから終了させ、Ctrl+Shift+Escを押すと起動するタスクマネージャーからエクスプローラーを起動するのが良いだろう。


最後にホーム・ディレクトリーに残るOneDriveフォルダーを消す。これでOneDriveの存在がほとんど感じられなくなる。