MSN Messenger 6.0のタブに

MSN Messenger 6.0のタブにRSS Headline Grabberで出力したHeadline(右のやつです)をまとめてぶち込んでみました。

Tabbed RSS Headline Grabber

おーなかなか良いかも。てか、かなり簡単にタブは作れる事がわかった。必要なものはUTF-8のファイルを編集できるテキストエディタのみ。

やばい、これ面白すぎ。

blosxomでシンプルなflavour作って、表示させるなんてこともできると思います。はてなアンテナのHINA互換のソースファイルとかでもなんでも。遊んでみる価値ありと思います。

適当にJavaScript組み込んで、ドキュメント上でダブルクリックすると更新、各ヘッドライン元になるサイト名の前に付いている「■」をクリックするとそれのは以下のヘッドラインを非表示/表示のトグルを行うようにしてみた。

で、肝心の組み込み方はいたって簡単で、MSN Messenger 6.0のProfileが保存してあるフォルダのConfigCache.XmlをUTF-8を扱えるエディタ(Windows 2000/XPならメモ帳でOK)で開き、</TabConfig></msntabdata>の直前に以下のコードを書き加え、上書き保存するだけです。

<tab>
  <image>http://hail2u.net/rss/images/msntab.png</image>
  <contenturl>http://hail2u.net/rss/msntab.html</contenturl>
  <name>RSS Headline Grabber</name>
  <tooltip>Tabbed RSS Headline Grabber</tooltip>
  <hiturl></hiturl>
  <siteid></siteid>
  <notificationid></notificationid>
</tab>

ConfigCache.Xmlのありかは人によって違うと思われます。Windows 2000だと、

%UserProfile%\Application Data\Microsoft\MSN Messenger

以下のサブフォルダのどれかにあります。ランダムな数字の羅列のフォルダ名はず。

書き換えるときは、MSN Messengerを終了させてから行うことと、ConfigCache.Xmlのバックアップは取っておくことに気をつけてください。まぁ、何かあっても責任はとりませんが。もちろん、タブを表示できるようにしておかなければならないので、MSN Messengerのオプション設定で、

共有のコンピュータを使用しているため、タブを表示しない

のチェック・ボックスをオフにしておくことも必要です。