ConEmuのタブごとにカレント・ディレクトリーを復元

ConEmuでは、再起動した際にタブを復元するように設定することができるが、うまくカレント・ディレクトリーが復元されないことがある。各タブで使っているシェルに依存するので、シェル側で設定してやる必要がある。例えばGit for Windowsのbash.exeでは、~/.bashrcでシェル変数PROMPT_COMMANDを使ってカレント・ディレクトリーを明示的に記憶させる。

PROMPT_COMMAND='ConEmuC -StoreCWD'

これだけではなく、ConEmuC.exeにパスを通さなければならない。ConEmuのSettings→Startup→ComSpecでAdd %ConEmuBaseDir% to %PATH%を有効にすることで可能だ。もちろんシステムのPATH環境変数を編集しても良い。

これでSettings→StartupでAuto save/restore opened tabsを有効にしていると、再起動時にbash.exeをシェルにしたタブがうまく復元されるようになる。