PPM version 4はGUIアプリケーション

久々にActivePerlを更新し(5.8.8 build 819)、コマンド プロンプトでppmとかしてみたらなんかウィンドウが出てきた。Release NoteによるとこのbuildからPPMがversion 4になり、GUIのものがデフォルトになった模様。最初の起動時にものすごく時間がかかったけど、その後はそこそこ。

PPM version 4

インストールすることのできるモジュールやインストール済みのモジュール、アップグレード可能なモジュールがそれぞれ一覧できるのはやはり便利。一覧にはものすごい数が表示されることになるが、適当な文字列でフィルタがかけられるようにもなっていて、探すのが大変ということもない。

モジュールのインストールやアンインストールは一旦キューに入れるようになっており、あとでまとめて実行する。インストールのキューに入れた時には、モジュールの依存関係なんかも表示してくれる。

従来のcommand line shellの機能は全て盛り込んだ上(リポジトリの追加・削除なんかもちゃんとある)に少し親切設計になってる感じで、使いやすいことは使いやすいと思う。「で、使うの?」って聞かれたら、「そもそもPPM自体が微妙なので・・・」としか答えられない。

なお、コマンド プロンプトで、

ppm-shell

と叩けばで従来のcommand line shellも起動することができる。