Node.jsパッケージ: next-update

next-updateパッケージは、Node.jsパッケージが依存しているパッケージを一時的に最新バージョンに更新し、設定済みのテストを走らせるツール。これによりd(evD)ependenciesを上げても大丈夫かどうかをほぼ確実に確認できる。グローバルにインストールしてコマンドラインから利用する。

Node.jsパッケージのリポジトリで実行するだけであとは勝手にやってくれる。実行すると以下の様に一つずつ最新バージョンをインストール→テスト→元のバージョンに戻すを繰り返してくれる。

next-update - Tests if module's dependencies can be updated to latest version
  version: 0.4.5
  author: {"name":"Gleb Bahmutov","email":"gleb.bahmutov@gmail.com"}
checking if the current state works
  npm test
current state works
module's current dependencies:
package   available
--------  ---------
js-yaml   2.1.3
nodeunit  0.8.2

checking NPM registry

available updates:
package   available
--------  ---------
js-yaml   3.0.2
nodeunit  0.9.0

update stats from http://next-update.herokuapp.com

testing js-yaml@3.0.2
could not get update stats js-yaml
  installing js-yaml@3.0.2
js-yaml@3.0.2 installed successfully
  npm test
js-yaml@3.0.2 works
  installing js-yaml@2.1.3
js-yaml@2.1.3 installed successfully

testing nodeunit@0.9.0
could not get update stats nodeunit
  installing nodeunit@0.9.0
nodeunit@0.9.0 installed successfully
  npm test
nodeunit@0.9.0 works
  installing nodeunit@0.8.2
nodeunit@0.8.2 installed successfully

next updates:
js-yaml 3.0.2
nodeunit 0.9.0
Use the following command to install working versions
npm install --save js-yaml@3.0.2
npm install --save-dev nodeunit@0.9.0

最後に更新可能ならインストールのコマンドをdependenciesdevDependenciesに分けて表示してくれる。それらをコピペで実行すれば最新バージョンのインストールとpackage.jsonの更新が完了。


Node.jsパッケージの依存パッケージが古いかどうかを教えてくれるコマンドやサービスはあるけど、上げても大丈夫かの確認は自分で面倒を見ないとならない。next-updateはその作業を大幅に軽減してくれそうで、機会があったら是非使ってみたい。とはいうもののd(evD)ependenciesは動いてるならそれで良くて、どうしても必要でなければ上げなくても良いと考えているので、なかなか出番はなさそうではある。