GitHubカンニング・ペーパー

GitHubとGitの隠されたまたはあまり知られていない機能についてコンパクトにまとめられたGitHub Cheat Sheetの日本語訳を作った。訳すことそのものよりも、訳すくらいちゃんと読めば覚えられるかなと思って訳してた。だいたい覚えられた気がする。ブランチ比較ビューで何日前とかで比較できるのは知らなかったな。

他だとプルリクエストの自動取り込みとかが「おおーっ」と思った。開発フロー的にとても良さそう。あとGitHubではリポジトリにライセンスを後で追加する時もプリセットから選択できるようになってるのも知らなかった。色々隠し機能あるな。

本家にプルリクエストするべきかはちょっと迷っているので、今のところは僕のリポジトリを公開場所にしておく。今後の更新も追随させるつもりではあるけど、反応が遅れる可能性があるので「本家が更新されたので、こっちも更新しろ」とかイシュー立ててくれると助かる気がする。


こういう単純な文書の翻訳ってフォークのままで、本家にマージしてもらわなくても良いような気がするんだけど、どうなんだろう。本家がi18nしてるなら別だけど、そうでないなら混乱の元な気がする。

追記

ものすごい勢いで追加され続けてるので、追っかけるのが大変だ。本家では整理が終わったようなので、以降はある程度まとまった変更を確認してから追っかけるようにしようと思う。