Hail2u.net

フォントからパスへ

まっとうな手段というか正攻法だとInkscapeを使うわけだけど、公式Wikiのどっか(忘れた……)にも書いてあるようにWindowsだと一部フォントがリストに出てこない(少し前のバージョンで直ったバグの話ではない)。例えばWebdingsであるとか多くのDingbatフォントがコレに該当する。そういうフォントのグリフを使いたい場合はFontForgeでグリフをSVGとしてエクスポートするのが一番簡単だと思う。

  1. FontForgeでフォントを開く
  2. エクスポートしたいグリフを選択する
  3. メニューのウィンドウからアウトラインウィンドウを開くを選択する
  4. 開いたウィンドウのメニューのファイルからExportを選択する
  5. 開いたダイアログでフォーマットをSVGにしてエクスポートする

これでグリフがSVGのパスになって保存されるのであとはInkscapeで調節するなり、エディタでガシガシいじるなりすれば良い。

Inkscapeで使えるフォントの場合は普通に入力してオブジェクトをパスへ(Object to Path)するだけ。サイズのこととかもあるのでDingbat系はFontForgeでエクスポートしてからInkscapeでインポートした方が良いかも。

Illustrator Elementsが欲しすぎる(前も言った)。