Hail2u

デスクトップのプロセスを別にする

新PCに伴いカリカリにチューニングしたくなるわけで。取り上げてみるのはデスクトップのプロセスを別にするというもの。これを設定しておくと何かの拍子にExplorer.exeが落ちてもタスクバーが生き残る・・・はず。タスクバーが生き残るということは、タスクトレイが生き残るということなので、タスクトレイに最小化しておいたまま操作不能になるとかそういうことがなくなります(多分)。

設定するためにはレジストリを編集します。編集するキーは、

で、ここにDesktopProcessという名前のDWORD値を作成してやり、値に1を指定するだけ。その後、Windowsを再起動すると設定完了です。Windows 2000でも有効です。

ちなみにこれを設定しておくと、Explorer.exeがあるDLLを握って離さないということが少なくなるので、ファイルが使用中で消せないとか消すためには再起動しなくてはならないといったことが少なくなります。SRCpy使えって感じではありますが。

メモリを多めに使用することになりますが、まぁさほどでもないはずなので、設定しておくと「助かった!」とか思ったりするかもしれない。