RSSファイルのitem->descriptionの中味

基本的にはitem->linkにある文書の要約であるわけですよ。RSSとは(Rich/RDF) Site Summaryなわけですから。一方で、item->linkにある文書の要約ではなく完全なコピーであると、item->linkにある文書にアクセスしなくて済むので、微妙に便利だったりするわけですよ。特にRSS aggregatorと総称されるツールなんかの場合には、その恩恵を十分に受けられますね。

どっちにすべきかって言うのは、好みで良いような気がしないでもないです。要約であるべきという論理と、文章の完全なコピーであるべきという論理はどちらにも一理あると思いますし。

僕はどっちかって言うと、要約派。「であるべき」とまでは思わないんですけど。単に、自分がRSSファイルによって情報のかけらみたいなものが得られれば良いやとしか考えてないからです。

で、このblogのRSSファイルのitem->descriptionを、要約(というか頭から256bytes程度抜き出したもの)にしようかなと思っていじってたら、UTF-8が良くわからなくて、上手くぶった切れないわけで。

気長に作ります。trackback pingを送る時のexcerptの値にも流用できるだろうし。