Atom 0.3 Snapshot

Atomが0.3に更新されたようです。最近、再び盛り上がってきているようで、MLが異様に活発です。あるものをうまく利用していろいろ実現すれば良いんじゃないの?とかいう基本的に怠惰な僕には、いまいちAtomの有用性は見えてきません。チェックしてるのは単なる好奇心。それはともかく、0.2からの変更点は以下の通り。

  1. リンクの文法が拡張され、全てのリンクはreltypehref属性を持つようになりました。基本的な相違はfoo should not have text (all data is in attributes)に書かれています。
  2. 内容モデルが拡張され、feed/titlefeed/taglinefeed/infofeed/copyrightentry/titleentry/summaryの各要素内に、様々な形式のデータ(HTMLなど)を格納できるようになりました。各要素では、MIME typeをtype属性にて指定する必要と、データがXML形式でない場合はエスケープ様式をmode属性で指定する必要があります。
  3. xml:baseがサポートされ、内容に含まれる相対リンクはxml:baseで指定されたアドレスを基準とした相対リンクとみなされます。
  4. Jason Shellen’s proposalに基づいたfeed/info要素が新設されました。人間が読むことのできる、そのAtomフィードの説明文を格納する要素です(tagline要素はAtomフィードに含まれる内容の説明で、info要素はAtomそのものの説明かな?)。
  5. feed/generator要素の文法が変更され、オプションとしてurl属性とversion属性が作られ、要素内テキストは人間が読むことのできるツール名となりました。

変更点の元文書は、dive into markAtom 0.3 snapshotです。かなり意訳。

0.3での仕様はThe Atom Syndication Format 0.3 (PRE-DRAFT)に全部書いてあります。

さて、ここのAtomフィード書き直すかな・・・書き直しました