XREAでスパムフィルターが導入

XREAでもスパムフィルター導入ですって。削除はせずに、スパムと思しきメールのsubjectに文字列追加と独自ヘッダ(SpamAssassin)追加ということみたいですけど、普通のプロバイダなどの迷惑メール対策オプションとかもいきなり削除じゃなくてこういう感じのところが多い、多くなってきているのですかね?BIGLOBEにはどう考えても数日ででっち上げたとしか思えない惨い出来のインターフェイスで設定するショボショボ受信拒否サービスしか無いので知らないのですが。

誤認でいきなりメールが闇に消えるという状態はちょっとどうかと思ってしまうので、いきなり削除が無いのはいい感じなんですが、件名に文字列追加されると嫌だな、なんとなく。誤認されたものの救出に厄介そうとか。ヘッダだけで良いのではないかと。

ローカルでのスパム対策には、去年の9月辺りから本格的にPOPFileを使ってるわけですが、10日とかPC付けっぱなしで再起動せずに使用しつづけてると履歴が酷いことになるのはどうにかならんか。ログ自体は設定した日数分を残してちゃんと消えるのだけども、一覧にはPOPFileを再起動しない限りずっと残っているような気がする。