XREAでのcron

cronは標準出力と標準エラー出力をメールで通知してくれるわけですが、XREAでもそれは同様なわけです。が、XREAでは3つしかジョブを設定できないので、cronでそれほど凝ったことはしないでしょう。となると、標準エラー出力はともかく標準出力のメールは邪魔です。かといって1> /dev/nullとか打ち込んでも、消えてしまうので意味なさげ。とか思ったら表示上は消えていても実際にはきちんと反映されているようです。

ゆえに、CRONジョブ設定のスクリプトを指定するエディットボックスに

mycronscript.sh 1> /dev/null

と入力して保存してやれば、何かしら標準エラー出力に出力された場合だけメールが来るようになります。

そういやXREAの無料サーバーで、ポップアップ型広告は選択できなくなるようですね。このエントリにはなにも関係がありませんが。

追記

ん?なんか嘘っぽい。

追記

嘘じゃなかったようだ。