巷説百物語

巷説百物語 (角川文庫)

ようやく京極夏彦の小説を一通り読もうかなという気になったのでいろいろ読んでいる。この巷説百物語は事前知識ゼロで読みはじめたため、怖い話のオムニバスかと思って読みはじめたら全然違ったのでびっくりした。

京極夏彦の小説は面白く、読みやすいとは聞いていたものの、なぜか興味がわかなかった。かなり前に遠野物語を読み直そうと考えた時、原典が手に入らなかったため京極夏彦版を読んだのが最初だ。この遠野物語remixが読みやすく、一気に興味がわくことになった。

今は巷説百物語の続を読んでいる。次は後、その次は前、最後に西と順に読んでいこうと思っている。その次はデビュー作が良さそうだ。ルー=ガルーから読みはじめたのはちょっと失敗だったように思う。


志水アキも好きな漫画家なので、原作をちゃんと読んだらそっちも読みたい。このまま雲のグラデュアーレの続きを待ち続けて死ぬ。