最後⁠の⁠財⁠布

使っているHender Schemaの財布を人生最後の財布にする、という目標を立てた。気に入っているので大切に使うということであり、キャッシュレス時代への備えということでもある。カードをメインに使うためにカード・ケースみたいなのを買おうかと考えていたが、だいたい慣れてきたので買わなくても良さそうだった。

次にスマフォを買い替えて支払いをスマフォに寄せていきたい。充電がUSB-CコネクタでFeliCa内蔵のSIMフリーだと、ほぼAquos Sense Liteしかない。値段の割には悪くなさそうだったが、Sharpのプリインストール・アプリがアレな感じで戸惑う。5sのバッテリーは直すのでゆっくり考えよう。考えているうちにFeliCaなくても大丈夫な時代に進化するかもしれない。

スマフォに統一した後、もしスマフォをなくした場合にどうすればいいのか、をいまいち想像できていない。Suicaカードを取り込まずに残しておいて、出かける時用の鞄に放りこんでおくくらいでなんとかなるものだろうか。


そこそこ使うスーパーが半無人レジにも関わらず現金のみしか使えないという社会的な問題が解決されることを願ってやまない。しかし、客のための半無人レジではなく、店員にお金を触らせないための半無人レジという気配がある。そのようなガラの悪そうなスーパーなので、客のために改善される可能性は少ない。