墓参り(2020-06-24)

ちょっと雲が多いが、日差しは強く、甲府市街地はなかなかいい天気だった。

墓参りに行けた。雨が降らなそうだったので、前日に電車を予約して行ってきた。チケットレス割引のキャンペーンをまたやっていたので、片道720円だ。家を出る時にはまんまと雨が降っていたが、そのあとは順調だった。盆地は暑い。

平日で、富士山への観光客も少ないはずだし、相模線からの接続がいい、富士回遊付きのかいじにした。以前は満席だったが、1割くらいしか埋まっていない。進行方向に向かって一番後ろの席にした。換気の点では一番前が良い気もする。予約状況を見ていると、端から埋まっていく傾向があり、みんな考えることは一緒なのだろう。

いつもは停車中の貨物列車や特別編成の列車でいっぱいの八王子駅も、1台しか停車していない。

相模湖を越えるまでは雨がぱらついていたが、山梨県に入ると晴れ間が出てきた。車内販売はやっていた。ただし、酒は売っていない。車内でずっと「プシュー」というスプレーをしているような音がずっとしていて不快だった以外は順調そのものだ。


墓地はいつも通りだ。あまり墓参りに来る人がいなかったのか、花が供えられている墓が少ない。これくらいの時期に来たことがなかったが、緑が深くてこれはこれで気持ちがいい。見渡すと視界の3割が空、1割が街、6割が緑という感じで、やはり山だなと思う。

いつも通りに武田神社まで歩いて、そこからタクシーに乗り、駅付近で昼ご飯にした。昨年、ちょっと話題になった富士の介を食べられた。おいしい。楽天の決済端末を初めて使ったが、ボタンが硬くて押しづらかった。

その後は特急の時間まで駅付近をフラフラしていた。閉店した山交百貨店の跡地には、ヨドバシカメラが入るらしい。店舗というより配送拠点目当てな気がしないでもない。お土産はルバイヤートと早生のモモにした。帰りはあずさで、松本からの客がいる分、3割くらいの乗車率だった。