Webフォントのホスティング

Webフォントのホスティングのみを提供するようなサービス、つまりWebフォント専用のカスタムCDNを探していた。しかし、Webフォントがメジャーになったとはいえ、そこまでニッチなサービスはあんまりないようだ。代表的なものだとTypeFront。が、かなり制限厳しい。試してすらいないけど、$15/月は払わないとまともに機能しそうもないような仕様だった。

Webフォント専用にこだわらずに、GitHub PagesDropboxを利用するという手もありそうだけど、Internet Explorer 9以降やFirefox 3.5以降におけるCORSによる制限に対応できない。また、パフォーマンスに難点があったり、Content-Typeでトラブりそうとかも。

Google Drive

Google Driveだとどうかなーとテストしてみたら、Access-Control-Origin: *となってて問題なく利用できた。

View Demo: Hosting Web Fonts on Google Drive

数多くのブログで取り上げられているような、HTMLをホスティングする方法と同じようにアップロードして、URLを調べるだけで、ちゃんと読めた。.woffのURLはhttpでも表示は可能だけど、リダイレクトが挟まれてしまうので、httpsの必要がある(要検証)。.woffContent-Typeapplication/octet-streamなので、全てのブラウザーで大丈夫なはず。パフォーマンス的には遅いってほどではないけど、取り立てて速くもない。

選択肢としてはアリなのではないかと思う。CSSの書き方とかはディレクトリ構成も特にトリッキーなことをする必要はない。同期アプリを使えばアップデートも簡単。

CloudFlare

もっと普通にCloudFlareを使っても良いのかもしれない。キャッシュしてくれる静的ファイルの拡張子一覧.cssはもちろん、.woffも入っているので意図した通りに機能しそう。専用のサブドメイン管理にもできるので、クッキーとかの問題もなくせ、パフォーマンスは一番期待できる。


WebフォントはGoogle FontsTypeKitに頼りがちだが、それらで提供されていないフォントとなると、なかなか敷居が高くなる。その結果、利用を諦めるという選択になりやすい。比較的手軽に管理できるGoogle Driveを利用することにより諦めずに済むかもしれない。