Bluetoothキーボードのトラブル

少し前にキーボード何にしようかなとか書いたら「使ってない白のK480あるけどいる?」とか言われたので、ランチ・コースおごるのと交換にもらった。キーボードそのものは、キーとキーの間が広すぎて慣れなかったり、やたら重くて「えっ」となったりした(815gもある)けど、ギリギリ良いと思える。が、Bluetooth特有っぽいトラブルがいくつかあった。

キーボードがうまく再接続できない

長時間使っていなかったり、他の機器につなげたりした後に再接続がうまくいかなかった。Windows 10の設定からはペアリングされていることと、再接続を試行していることは確認でき、接続しているように見えるのだが、キーを押しても反応がない。これではまったく用をなさない。

これはBluetoothを持っているIntelのワイヤレス・アダプター側の問題らしく、新しめのドライバーで修正されたらしい。デバイス・マネージャーからドライバーを更新したら直った。

OSスリープ後、再接続できない

OSのスリープをキーボードで復帰させるのは無理そうだと思っていたが、本体ボタンやマウスで復帰後にキーボードが使えるようにならなかった。今度はそもそもPCを見失っているような挙動で、WIndows 10の設定からは再接続をしているようには見えなかった。

こっちはメジャーな解決方法でうまく解決した。Bluetoothアダプターの電源の管理で電力の節約のためにコンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにするを無効にするだけだ。

キー入力の暴走

たまに(1時間に1度くらい)押したキーが押されっぱなしになり、同じキーが連続で入力されてしまうようになった。Vimの標準モードでdが押しっぱなしになった時はニコニコ笑顔になった。

相性か環境の問題の可能性が高いようで、あまりできることはなさそうだ。閉じたまま立てているノートPCの位置を少し変えて、キーボードと近く金属の遮蔽物がないようにしたところ、少し軽減された(ような気がする)。


安全のため、他に有線キーボードをつなげっぱなしにしてある。