Hail2u.net

SelectRoot

SelectRootという鶴亀マクロを必要に駆られて作りました。鶴亀メールで実装されて無い機能で、もっとも必要だと勝手に考えているものに「未読メールの読み進めをループする」というものがあります。未読メールの読み進めはSpaceキーにてやってるわけですが、見た目的に下の方の最後の未読メールを読み終わると、見た目的に上の方に未読メールが残っていても、そこにジャンプしてくれません。これがまた辛い。ので、単純明快に解決してみました。

loaddll "tkinfo.dll";

if (dllfunc("IsTuruKame")) {
  #n = dllfunc("SelectFolder", "一番上のアカウント名", "");
}

endmacro;

このマクロを、マクロの登録→自動起動→受信が一段落した時に設定すると、受信が一段楽した時に、一番上にあるアカウントのルートを選択してくれるので、未読メールを一気に読み進めることができるようになります。「未読メールの読み進めをループする」わけではなく、「ループしなくても未読メールをすべて読み進めることができるようにする」というわけで。

激しく便利。とか、自画自賛してみる。

はるかに高機能なNextUnreadというマクロが鶴亀メールちょっと便利なマクロ集に含まれているので、いわゆる「未読メールの読み進めをループする」機能が欲しい方はそちらを利用した方が良いと思います。