blosxomのURL

blosxomはいろいろなURLでアクセスすることができます。実はこれが混乱の元だったり、プラグイン作る時に厄介だったりするわけなのですが・・・。それはそうと、MLで挙動が面白いblosxomのURLについて触れられてましたので、紹介。

その面白いURLというのは、

http://example.com/blog/blosxom.cgi/m

というようなURLです。通常、blosxomはこういう風にアクセスするとmというディレクトリ以下のエントリの一覧を出すか、mというファイル名のエントリを表示することになります。ところがこの時、データ・ディレクトリにmで始まるディレクトリが複数あったりすると、その両方の一覧が出てきてしまうようです。例を挙げると

http://hail2u.net/blog/m

のように。mで始まるディレクトリに格納されている、MediaとMiscのエントリが同時に出てきているのがわかると思います。

これについて作者のRaelさんは、

Heh... never even thought to check that. That's now officially a feature ;-)

とな。正式に機能ということになったそうです。・・・面白いことは面白いんだけど、これに依存するバグとかありそうなんですが(w。

ついでにblosxomのURLをいくつかまとめておきます。

http://hail2u.net/blog/2004/
指定した年のエントリを全て表示
http://hail2u.net/blog/2004/02/
指定した年月のエントリを全て表示
http://hail2u.net/blog/2004/02/15/
指定した年月日のエントリを全て表示
http://hail2u.net/blog/blosxom/
指定したディレクトリのエントリを表示
http://hail2u.net/blog/blosxom/2004/
指定したディレクトリの指定した年のエントリを表示
http://hail2u.net/blog/blosxom/2004/02/
指定したディレクトリの指定した年月のエントリを表示
http://hail2u.net/blog/?flav=html
flavというパラメータで、フレーバーを指定

他にもまだまだあります。