paging plugin更新 #8

pagingにより生成された各ページは、当然ですが、コロコロ中身が変わります。つまり中身の保証がないので、検索エンジンにインデックスして貰いたくないページであるとも言えます(多くの人には)。というわけで2ページ目以降、つまりpage=2とかパラメータが付く場合はmeta要素でロボット除外を指示するようにとかいう機能を追加してみました。

head.htmlなどに$paging::meta_robotsと記述することによってロボット除外meta要素が出力されます。なので、$paging::meta_robotsをflavourに記述しなければこれまでどおりの動作です。

なお、ロボットの巡回による負荷への対策にはなりません(多分)。巡回による負荷対策はrobots.txtでやった方が良さげというか、robots.txtじゃないとムリそう。ページングのナビゲーションのa要素のrel属性にnofollowを追加するとかだといけるかも?

ついでにXHTMLで出力するかどうかも設定可能にしておいたり。

バグ報告や機能改善要望、機能追加要望は、BBSやMLなどでお気軽にどうぞ。