Customize categories plugin #2

エントリのネタに欠けるところがあるので、categoriesプラグインの改造点をまとめてみる。ココで使っているcategoriesプラグインは、ご自由にお持ちください。

  • m4を削除
  • ルートを非表示に
  • ストーリー数の表示・非表示設定
  • カテゴリの別名定義
  • head.flavourで使える$title変数の追加
  • story.flavourで使える$name変数の追加

$title変数は、head.flavourで、

<title>$blog_title$categories::title</title>

などと書くと使えます。$titleには、カテゴリ名が別名定義に従って書き換えられた上で、セパレーター(これも設定可能)で区切られて入ることになります。

また$name変数は、story.flavourで、カテゴリ名の表示になる$pathの代わりに使うことを想定したもので、カテゴリ名が別名定義に従って書き換えられた上で、セパレーターで区切られた文字列が入ります。ここではサブカテゴリは使ってないので魅力薄ですけどね。

これくらい自由自在に設定できると、ココみたいにblog以外のページのメニューと違和感なくマージできるようになりますね。自画自賛。