2000本記事

二千

これで通算2000本目の記事。ブログにおける2000本記事は、プロ野球の2000本安打に匹敵するのではないか。そう考えると、「数シーズン棒に振ったのにも関わらず、2000本安打達成しててすごい!」みたいな感じに。ならない。

継続は力なり的な事言う人いるけど、ウェブサイトには当てはまらない。特にブログでは記事単位での評価に終始されるので、継続することにはあまり意味はない。たった一つのまずい記事で、積み重ねてきたものはあっけなく崩れ、そのことすらもすぐに忘れられる。ウェブサイトが継続してきたことそれ自体は、インターネットに何も影響を与えない。

そう思いながら2000本書いてきたけど、本当に何も起きてない。この2000本はいったいなんだったのか。これからもぬっとりと適当な感じでだらだらやっていき、死ぬまで実験しようと思う。