新しいblogへ引っ越し

某日記サービスが某blogサービスに吸収合併されたわけですが、そこで気になったのは自分がそういう目にあった場合、それまでのログをどうするかという問題。んーまーレンタル・サーバーでCGIを走らせている場合は、どうにでもなるかなとかも思うのですが(blosxomの場合はログがファイルとしてローカルに残っていることが多いのでさらに楽)。

そこでRSSに目をつけてみる。RSSは基本的にはエントリの要約であったりするわけですが、多くのblogサービスではエントリそのものの内容が含まれていることが多い気がします。ので、RSSリーダーなどで自分のblogのRSSを溜め込んでゆけば、エントリのバックアップになるのでは?と。ただ、RSSリーダーがRSSに含まれている内容をそのまま保持してロギングしてくれるとは限らないので、RSSリーダーの選択肢は狭まるかもしれません(てか、そういうRSSリーダーは知りません)。

具体的には「このサイトのログをRSSでエクスポート」などという機能がRSSリーダーにあれば良いということになるかなと。そうすればRSSを扱うのは比較的簡単なので、Perlスクリプトなりなんなりで、自分がこれから利用するblogサービス(blogツール)のログ・インポート形式(または直接エントリそのもの)に変換してやれば良いということになると思います。blosxomの場合はmetaプラグインなどを駆使してやると効率的に変換できるかも。

この考えを推し進めるとRSSをblogの共通ログフォーマットにしても面白いかなという気はしますが、それはそれでどのバージョンのRSSを利用し、RSSのどの要素までサポートするかとかにいろいろと難がありそうですね。そうなると、元々そういう利用の仕方も考慮にいれて考えられている(と思う)Atomなんかに分がありそうな気がします。

場つなぎエントリ。特に斬新というわけでもない。