Hail2u.net

書いてるよ

毎日ガシガシ文章を書いている。大抵はエディタに向かって書いてるわけだけど、たまに思い出したように余ってるルーズリーフの紙に書いてみたりもしてる。技術寄りの文章を紙に手書きで書くと、なんかすごく恥ずかしい感じで後頭部がカーッと熱くなってくる。逆にエディタで日常の感想的なことを書いてると、指がブルブル震えてくる。

紙に書かれた技術的な話題とかあまり役に立たないのになんで書いてるんだろう、というようなことなのかなと思っていたんだけど、どうも違うみたいだ。パソコンで技術的な話を書く時は、並行してブラウザーで関連する話題を検索したり、リンクとして参照するページを開いたり、様々な形でその話について調べながら書く(書いてしまう)。パソコンを閉じて紙に向かって書いてると、自分の記憶のみを頼りに書く必要があるので、その技術的な話のちゃんと理解していない部分がどんどん浮き彫りになってくる。ので恥ずかしくなってくるようだ。

日常のことは紙に書く場合は、落書きを付けたりペンの色変えたりとか自由な感じでその時の感情を表現できたりするけど、エディタで書く場合は単なる文章として正確なリズムで淡々と書かれていく。するとだいたいウッスーイ感じの日常なことに気づき、ショックを受けて指が震えてくるのかな。あと、じっくり読み直せちゃうのも辛いのかもしれない。


それでも書いてるよ。