Hail2u

Blog will bring anything.

昨日の昼頃にopenした、ブログblogを楽しむMLのグループログの自分の書いたエントリー、blogによってもたらされるものを引っ張ってきて、書いてみる。

ゆえに、blogはインターネットそのものといっても良いんじゃないかと思います。だから、カテゴリーとはちょっと外れた意見になっちゃいますけど、blogそのものに魅力があるというよりも、blogによってもたらされる幅広い意見・主義・主張に魅力を感じます。

自分の書いたものを引用してどうする。いや、こっちでも似たようなことを書くのはどうかと思ったので。

固い文章だ。いろんな意味で手探りで書いてみたりする。長くなりすぎるので、こっちに続きを書いてみる。アクセス数増やそうとかそういう魂胆ではないです(わざわざ言うところが怪しい)。

情報過多になりがちだとは思うんですよね。それと同時に都市伝説の類いみたいに、怪しげな情報も増えがちだと思います。根本的には、それぞれのblogサイトを運営している人たちが情報の簡潔さや正当性なんかを十分に検証した上で公開するべきなんだと思います。ですが、それはあまりにも難しいんではないかと。そこまでして書きたくはないとか思う人もいるだろうし、なんでそんなことをしなければならないんだと思う人もいるでしょう。

僕は「自分の書いたものに対し責任をもち、場合によっては修正・撤回する余地を持つ」ことさえできれば、なんだって良いんじゃないかと思います。CommentやTrackBackでつっこまれたりした時に、それに対して自分の意見に固執することなく対応できたらと言う意味で。これもまた難しいことだとは思いますけどね。

エントリーを書く時に、きちんとした考察とかそういうものがあるべきだとか、そういう方向になっちゃうと、微妙に面白味がなくなるような気がします。インターネットは自分の思ってもみないようなものがあることも魅力のひとつであるわけだし、そういったものは十分に考え尽くされた上でも出てくるでしょうけど、ふとした拍子にも出てくるものだと思いますしね。

まとまんね。