六本木~虎ノ門~表参道

色とりどりのキノコのようなオブジェが公園にある

大倉集古館へは、そこそこ早い時間に行くつもりだったので、ロマンスカーで新宿まで出た。通勤時間帯のロマンスカーに乗るのはあまりなく、満席で驚いた。車両は久しぶりにEXEαで、ロマンスカーっぽくない。

新宿駅からは大江戸線で六本木駅に行く。乗り換えで迷いかけた。地上に出るまではなかなかの運動だ。300段くらいあったりするのだろうか。そこから大倉集古館までてくてく歩く。

スペイン坂の桜は5分咲きというところだ
スペイン坂

いきなり逆方向に歩きかけた。北に向かい、坂を上ったり下りたりしながら、テレビ東京の横を通って、アーク・ヒルズ、スウェーデン大使館、スペイン大使館の前を通っていく。虎ノ門は寺社が多い印象だったが、愛宕や西新橋の方の虎ノ門に多くあるようで、このあたりにはまったくなかった。


巨大なV字型と赤い鉄骨が迫力だ
虎ノ門ヒルズの2棟目?

帰りはオークラ東京を回り込んで、一番近い虎ノ門ヒルズ駅へ出た。もう完成していると思っていたが、ホームだけ開業という形のようだった。上りと下りのホームを行き来できないのか、地上出口も違う。道路の下も工事をしているようだったので、この2棟目が断つ頃に完成するのだろうか。

久しぶりに洋服屋を見て回りたかったので、霞ヶ関駅で乗り換えて、表参道駅に出た。夏物もちょくちょく見かけ、華やかな気分になる。欲しかった物は売っておらず、散財を免れた。

その後、Zara Home、スパイラル、シボネ、MoMA Storeと回って、雑貨やインテリアをいろいろ見ていた。定期的にこういうところを見ておき、イケアや無印良品で妥協したものを買ってしまわないようにしたい。Zara Homeにあったバタフライ・チェアが、座り心地と部屋との相性の両方でよさそうだった。まだ決めかねていた背の高いラウンジ・チェアは、これかスノーピークのTake!チェア・ロングEcoFurnのEcoChairかに定まったので、夏までには買いたい。

原宿駅から代々木駅まで山手線に乗り、歩いて新宿に出て、都会のパンを買う。六本木でも、表参道でも、代々木から新宿でも歩いたので、25000歩くらいだった。近所では扱いが見つけられないビックルを見つけたので、これで栄養を補給し、帰途についた。