墓参り2018

いつもの所から日本アルプスを望んだ様子だが、急に暖かくなったせいか、もやが強くあまりきれいには山脈が見えない

今年も墓参りに甲府へ行った。草むしりのためとも言う。天気が良く、暑くなりすぎないギリギリの日に行けた。

相変わらず朝が終わるくらいだと相模線から横浜線、そして横浜線から中央線特急のつながりが悪かった。乗り換えに3分前後しかないギリギリか、30分近く余るグダグダか、のどちらかだ。町田回りでもあまり変わらないので、いっそロマンスカーで新宿に出た方が効率が良く快適なのではないだろうか。

いわゆる駅のホームという様子
八王子駅中央線のホーム先頭

電車が来るまで30分くらいあり、暇すぎてホームをうろちょろしていた。駅横のマンションも完成しそうだ。しかし他にはこれといって何もない。こういう駅にこそエキナカが欲しい。

変形しそうな面構えの車両がホームに着いた様子
スーパーあずさ

八王子からは、去年の年末に運行が始まった新車両に期待してスーパーあずさにした。ちゃんと新型だった。スーパーあずさは全部この車両になったのだろうか。なんにせよまだ新品っぽい匂いがした。甲府まで一駅だったのもすごく良かった。


甲府に着いたあたりで気温がかなり上がってきた。霊園では、桜の花はまったくなく、ツツジも咲ききっており、毛虫がいない連休という風情だ。風がそこそこあって、木陰を歩いていると気持ちよかった。墓のあたりでは植木がきれいさっぱり切り落とされており、ちょっと草むしりをするくらいで済んだ。

レストランへの狭く急な木製の階段
ケ・パサへの階段

昼ごはんは駅前の甲州夢小路で食べることにした。前に食べたフレンチ・レストランでも良かったが、違うところも食べてみたかったので、イタリアン・レストランのケ・パサにした。天井が高く、窓も大きめで、照明がほとんどなかったものの、自然光で明るく、居心地は良かった。プレミアム・ランチが売り切れだったので、マルゲリータにした。おいしかった。全体的に値段はちょっと高い気もするが、近くのテーブルの人が食べていたプレミアム・ランチはお得そうだった。

お土産は桔梗屋のプレミアム桔梗信玄餅吟造りにした。きなこはおいしい、アカシアはちみつ入りの黒みつもおいしい。一緒に食べると普通の味になるのが不思議だ。